ゴム風船がなぜ伸びる

風船というものは、ふくらまして楽しむものでしょう。
膨らませた結果、割って楽しむ方法もありますが、あくまでも伸びて膨らむからこその楽しみ方になるのです。


膨らむということは、風船の特徴でもありますが、これも素材がゴムだからです。
他の素材の風船は、ふくらますことができても伸びるわけではありませんので、特色に違いがあるといえるでしょう。


ゴムというものは、独特の特性を持っています。
厚みも変えながら伸びていくことで、空気などを入れても力を分散することができます。


膨らむからこそ、ゴムの風船は使い道が広がるといえるでしょう。
企業のロゴなどを入れて膨らませば、視認性も高まったりします。
ヘリウムを入れて浮き上がらせれば、ロゴとともに人目につくことは間違いありません。


ゴムは伸び縮みする特性を持っています。
一般的な物質は、伸びる時に原子間の間隔が広くなっていきますが、ゴムはそうではありません。
ちょっと変わった組織をしているからこそ、ゴムは風船に向いているのです。
それは縮むときにも表れてきます。
ゴム風船を使ってみる時には、ちょっと化学の実験のようになりますが、伸びる理由を考えてみてもいいでしょう。
それがわかってくると、自然に縮んでしまう理由など、ゴム風船に対していろいろな興味を抱くことができるようになるはずです。


わかりやすく説明してありますので、いろいろな知識の一つとして、考えてみてはいかがでしょうか。
理由がわかってくると、ゴム風船の使い方は、さらに広がってくるでしょう。


[管理人推奨リンク]
風船を使ったバルーン電報を色々なイベントに贈れるサイトです >>> バルーン 電報

Copyright © 2014 風船のゴムの伸びる理由 All Rights Reserved.